転職活動はなるべく複数応募を心がけましょう。

 転職活動において、1社に絞って全力でトライすることは大変良いことです。しかし、これはあくまで、精神論的な話です。1社ずつ応募して、採用結果が出るまで待ってその上不採用では、無収入状態が長引き、金銭的にも気持ち的にも大きなリスクを負うことになります。こうしたリスク防止のためにも、求人情報の収集に時間を割き、複数の企業へ応募されることをおススメします。しかし、その際、危険なのは情報の混乱です。

 

応募先企業ごとに情報は整理しておきましょう。

 応募先企業ごとに、活動記録を整理しながらまとめておくと、混乱防止につながります。

 

 まず、求人広告の保存です。求人広告は内定をもらうまでは保存しておきましょう。その際、掲載媒体名や掲載日、応募締切日などもメモしておきましょう。そして、応募先企業へ実際に問い合わせなどを行なった際は、いつ、どの担当者とどんなことを話したかを記録し、メモを保存しましょう。

 

 次に、提出した書類はすべてコピーを取るなどし、応募書類で記載したことと面接で言うことに差異が生じないように注意しましょう。面接では質疑応答時間が必ずあるため、応募先企業ごとに事前に質問をまとめ、整理しておくことも有効です。頑張ってください。