異業種への転職ともなれば、希望する業種に関する資格を取っておけば転職活動に有利になります。しかし経済的事情で資格取得が難しいケースもあります。そこでそのような時には各自治体にあるハローワークの教育訓練給付金制度を活用してみてはいかがでしょうか。

 

 教育訓練給付金制度は職業能力開発の取り組みやキャリア育成を支援するための雇用保険の給付制度です。再就職のために必要なスキルやノウハウを訓練により習得しながら雇用保険も給付出来ますので、資格取得のために活用されている方も多いのです。

 

 教育訓練給付を受けるための条件は一般部門で3年以上、専門実践部門で10年以上の雇用保険の被保険者であるという条件が必要ですが、細かい条件によっては雇用保険期間が短くなる場合もありますので、ハローワークの窓口で相談してみると良いでしょう。

 

 受講訓練は様々な分野における資格取得のための講座がありますので、転職を希望している講座を受講する事が出来ます。当然ながら授業料はただ、一部テキスト類で有料になるケースもありますがさしてたいした出費にはなりません。更に教育訓練給付を受けることになりますからじっくり腰を据えて資格取得の勉強が出来るのです。

 

 こうした制度を御存じない方もいますから、もし異業種への転職を希望されているご本人や周りに該当する方がいれば是非転職のために活用してください。