転職をする際、今いる会社を辞めてから転職活動をしたほうが良いのか、働き続けながら同時に転職活動をしたら良いのか悩む場合があります。どちらもメリット、デメリットがあるので充分考えてから退職願を出した方が良いでしょう。

 

 働き続けながら転職活動をする場合、精神的な余裕があるというのが一番大きなメリットです。急いで仕事を探さなくても、収入があるのでじっくり希望する会社を見つけることができます。デメリットは希望する会社が見つかっても、すぐには会社を辞められないこと、また転職活動をする時間が限られることです。

 

 反対に会社を辞めてから仕事を探す場合には、企業研究や転職活動についやす時間はたっぷりありますが、仕事をしていないので収入が入ってこず貯金が減っていくのを気にしなければなりません。お金の為に不本意な転職をしなければならないこともあります。また規則正しい生活が送れなくなったり、仕事が見つからない場合、大きなストレスにさらされる事があります。

 

【参考ページ】
30歳以上 求人
求人を探している30歳以上の方へ!

 

 こうみていくと仕事を続けながら転職活動をする方が、メリットが大きいといえるでしょう。転職活動する時間がとれない、企業研究する時間がないというデメリットを解消するためには、就職支援や紹介のサービスをしている企業を利用する方法もあります。自分に適した転職先を紹介してくれますし、入社時期などの調整を代わりにしてくれるところもあります。